タイで感染症をもらう、日本で名医に治療を受ける

タイは、日本と同じくアジアに属する国です。日本から飛行機で約7時間程度であり、日本よりも温暖な気候、そして物価の安さから数多くの人が旅行に訪れます。また日本の企業も進出しているところが多く、海外赴任をする国としても人気があります。そして実際に滞在している邦人数も多いです。また食生活や仏教を基盤とする生活習慣が日本になじみやすい国とされているので、日本人も安心して滞在できるのでしょう。そしてタイは、性産業も盛んだということをご存知でしょうか。ゲイやニューハーフなども多く、性同一性障害などの患者を受け入れて、性転換手術を行う病院もかなりあります。またバーやショーなどを行って男性をもてなす風俗産業も盛んです。そしてその背景にあるのが、深刻な感染症問題です。タイの性産業で働く人の中には、地方から出稼ぎに来た人、生活が困難であり、仕方なく性産業に携わっているという人も少なくありません。またそれの管理を行っているところが、女性たちの感染症対策の教育やコンドームの支給、定期的な感染症チェックなど徹底していればよいですが、全てがそのように管理されているわけではありません。中には管理がずさんなところもあるのです。そして旅行中のタイでの火遊びが、感染症になるという結果を招くことがあるのです。深刻な感染症というと、HIV感染が代表的ですが、これは日本で治療を行う場合には、ある程度限られた病院になります。またその限られた病院は名医と呼ばれる、HIV感染症の専門医もいるので、しっかりと今の症状に合わせた治療を開始することが大切です。名医だと予約制になりますが、プライバシーを確保して受診できるので安心ですね。また不安なことや精神的なことも名医に相談をすると疑問解決などに努めることができます。